スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 20話 若き猛禽 短縮感想

スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 20話

遂にゼオラの説得に成功し、ツインバードストライクが可能に。
というわけで、スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 20話短縮感想です。

今回改めて思いましたけど、アラドのゼオラに対する説得ってやっぱり酷いな……
胸はあっても色気はなくて、子どもっぽいパンツで……って、それもう説得というか単なる悪口じゃん。
ゼオラがそういうのに直ぐに反論する分り易い性格だったから、自我を覚醒させるのに役立ったけど、普通なら余計にこじれてしまいそう。

石田三兄弟もといマシンナリーチルドレンは、やっぱりかませですなぁ。
さんざん馬鹿にしていたアラド達に、さくっとやられてますし。
ゲーム版でも弱かった印象しかないなぁ。
α外伝で戦った時は、マジンカイザーのターボスマッシャーパンチで撃破しまくってたなぁ。
マジンカイザーの装甲の前では、攻撃くらっても全然ダメージ無いし、命中率が多少低くても、時間かければそのうち当たりますしな。精神ポイント使うのが勿体無かったので、いつもそうやって倒してました。

スレードゲルミルが登場し、次話でいよいよゼンガー親分との決戦ですな。
ボス設定による強化を除けば、スレードゲルミルとダイゼンガーのスペックは同等レベルでしょうし、これが本当の決着になるわけですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/605-5cd8fbc5













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。