スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 18話 誘う鬼火 短縮感想

スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 18話

体がボロボロの状態でも、ダイテツ艦長を見送る為に出てきたキョウスケに漢を見た!
というわけで、スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター 18話短縮感想です。
長い間放ったらかし状態だったので、いい加減記事書かないとね。

キョウスケは普段あまり喋らないから、エクセレンの事をどう思っているのか分かり難いけど、今話でやっぱり愛しているんだなぁと再確認。
「エクセレンが生きているなら取り戻す、死んでいるなら敵を取る!」
この言葉に全ての想いが集約されている気がする。
想い人が敵に連れ去られれば、大抵のキャラなら落ち込んで塞ぎこむような期間が少しはあるものだと思うけど、キョウスケにはそれが無い。
普段はクールに見えても、その心の内に熱い物を秘めている証拠。

話は変わって、マサキを偵察任務に出すのはやめた方が良いと思うんだが。
筋金入りの方向音痴だし、母艦が目視出来る距離でも迷うんじゃないか?
あと、シュウが登場したけど、何でそんなポーズ決めてるの。絶対ナルシストだろ。(実際そういう設定だったと思いますけど)

アインストに呼応して龍王機と虎王機も出てきたし、次話でいよいよ龍虎王の出番ですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/603-bcc03c59













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。