スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 17話 罰ゲーム 短縮感想

とある魔術の禁書目録Ⅱ 17話

ちょっと時間が無いとかなんやかんやで後回しにしてたら、何時の間にか凄く溜まっててびっくりよ!
というわけで、とある魔術の禁書目録Ⅱ 17話短縮感想です。

今話は、大覇星祭の賭けで勝った美琴が上条さんに罰ゲームを受けさせるお話。
まぁ、罰ゲームと言ったって、美琴が上条さんとイチャイチャしたいだけなので、傍から見たらご褒美以外の何物にも見えませんが。

やっぱり、アニメ版の禁書は戦闘シーンよりも日常シーンのドタバタの方が面白いと思いますな。
美琴も、レールガン飛ばしてる時よりも、上条さんと絡んでる時のほうが可愛くて良いわ。
妹達の集合会話とかもアニメ版ならではのシーンだよなぁと思ったり。
原作でもあったような気がしますけど、やっぱり絵がついてると違いますよね。
一万○○号は……って文がずっと並んでると、誰が誰やらって感じになりますし。

一方さんと打ち止めが、小萌先生を珍獣扱いする所とかも笑えますな。
ロリコンに定評のある一方さんでも、実年齢が大人だったら対象外なんですかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/592-8fde6193













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。