スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある魔術の禁書目録 16話 刻限のロザリオ 短縮感想

とある魔術の禁書目録Ⅱ 16話

禁書目録の感想記事が全然更新されてないだって?その幻想をぶち殺……すいませんorz
お兄ちゃんやISの更新を優先していたら、いつの間にか溜まってしまってたんだぜ!
というわけで、とある魔術の禁書目録Ⅱ 16話短縮感想です。

つくづく思うんですが、何でビアージオが若本さんなんでしょうかね。
個人的な意見ですけど、ビアージオって禁書の敵キャラの中で一番かませ臭がするヘボい奴だと思うんですよね。
それなのに、声が若本さんだから、無駄に強そうな演出になっているというか……
もっと、小物臭のする声で良かったと思うんだ……

巨大化させた十字架をバカスカ飛ばしてきたり、重さを移し替える事で動きを封じてきたりと、普通の作品であれば強キャラなのかもしれないですけど、禁書の中ではねぇ……
原作二巻の時点で、無から有を生み出す何でもありの錬金術師とか出てきますし。

次回は、大覇星祭の罰ゲーム編か。
上条さんと美琴のイチャラブぶりが楽しみだぜ!(まぁ、もう視聴してて感想書いてないだけなんだけどね)
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/574-3c6720b4













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。