スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法少女まどか☆マギカ 3話 もう何も恐くない 短縮感想

魔法少女まどか☆マギカ 3話

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
オルタのまりもちゃんパックンチョのトラウマを刺激しないでぇ~
喰われている部分を描写しないだけマシとみるか、余計に不気味とみるか……
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 3話短縮感想です。

いやぁ、いきなりの欝展開(゚∀゚)キタコレ!!って感じですなぁ。
自分は脚本の虚淵玄さんという方がどんな方か詳しく知らないのですが、どうやらこういう展開に定評のある方のようで……
まだまだこれは序の口で、今後もばんばん人が死んでいく展開になると予想されているみたいですな。おお怖っ!
魔法少女物というと、どうしてもジャンプ三原則じゃないですけど、愛と勇気と友情みたいな所がありますが、この作品は思いっ切りそういうテイストから離脱していってますな。

果たして、今後の展開はどうなるのか?いったい誰が死ぬのか?
最終回はそして誰もいなくなった……なんて事になったりして……
とりあえず、まどかが魔法少女になる為の願いでマミさんを生き返らせてくれることを祈ります。
それくらいないと、マミさんが報われなさ過ぎる……
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/567-a2d213fc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。