スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に関して

 東京都青少年健全育成条例の改正案が、12月の都議会に提出されるという事で、あちこちで議論になっています。
 6月の都議会で否決されてから、まだ半年しか経っておらず、その間民意を問うパブリックコメント等が行なわれたわけでもなく、まともな修正もされないままの再提出には怒りを通り越して呆れ果てるばかりです。
 以下、公開された改正案のおかしい点について挙げていきます。

 まず、不健全図書の指定基準について。
 漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)とあります。何故、実写は対象にならないのでしょうか。そもそも規制派の論理では、何らかの創作物、表現物を見る事により、青少年に悪影響が出るという話であったはずで、そこに実写かどうかで区別する必要はないはずです。アニメや漫画は悪影響を与える恐れがあるが、実写にはそれが無い等という荒唐無稽な理論を展開するつもりなのでしょうか?
 実写を除くとしたのは、少しでも反対意見を減らし、改正案を成立させる事を目的としたものなのでは?という邪推もしたくなります。もし本当にそうなら、姑息極まりない話ですが。

 また、非実在青少年という言葉を削除する事に躍起になったのか知りませんが、刑罰法規に触れる行為を不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現する物を不健全図書の対象にするとあります。
 もう阿呆かと……法律に触れる描写がある作品なんてそれこそ星の数程あるわけですよ。逆にまったく法律に反する描写が無い作品の方が探す方が難しい。戦闘シーンがある作品なら傷害ですし、ちょこっとパンチラしただけでも公然猥褻その他諸々……。推理物とかサスペンスとか事件ばっかりですしね。
 不当に賛美し又は誇張するようにという文言が付いていますが、こんなものはまったく役に立ちません。どのような描写をしたら賛美したのか、誇張したのか一体誰が判断するのか。何も明記されていないからです。もし改正案が通ってしまえば、運用する側の胸先三寸でどうとてもなることでしょう。

 さらに、婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交 類似行為も規制対象となっています。これは単なる近親相姦描写の事を指すだけでなく、当然同性同士(婚姻を許されていない)での性交描写も含みます。つまり、結婚を前提としない性関係、同性の性関係を描写した物を規制対象とするという事です。こんなものは思想統制以外のなにものでもありません。一般道徳的に好ましいとされない関係であったとしても、それを理由に法規制される謂れなど無いはずです。

 はっきり言います。こんな言語道断な改正案が通ってしまったら、日本の創作物は全て終わりです。
 東京都の条例ではありますが、出版業界が東京に集中している事から影響が全国に波及するのは明らかです。東京都で成立したのなら、自分の所でもという輩も多数出て来る事でしょう。そうなれば、全ての表現は青少年保護という名目の元、お上の機嫌次第で規制される事になります。言論統制……そして戦前の暗黒時代へ逆戻りです。
スポンサーサイト
[ 2010/11/25 21:42 ] 表現規制関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/511-8d964318













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。