スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あそびにいくヨ 12話 みつけきにました 短縮感想

あそびにいくヨ 12話

野郎の猫耳なんて、誰得……と思ったけど、騎央って結構女顔だから、顔だけ見ると意外とアリじゃね?とか思ってしまう自分が怖い……
というわけで、あそびにいくヨ 12話(最終話)短縮感想です。

戦車部隊に向かって、バイクでどうやって戦うつもりなのかと思ったら、擬似反物質弾つえー。
装甲の厚さとか関係無いし、先に攻撃する事が出来れば小回りがきく分バイクの方が有利か。
キャーティアの超科学の前には、通常戦力なんて無意味だな。

ちょっと前までドロドロの四角関係になってたのに、3人共愛人とかそんな結論で良いんかい!
3人全員とキスとか、何このハーレム状態。
騎央も騎央で鈍いにも程があるよなぁ。
エリスと真奈美、アオイの仲がドロドロしないように、あえて知らないふりをしているのではあるまいな?

最終決戦はいきなりよく分からない戦闘スーツと、コアブースター?みたいなメカが登場。
最終回で初出のギミックを出されても、分からない事が多過ぎて盛り上がらないと思うのだが。
負傷によるピンチも、騎央が助けに来るという展開が簡単に読めましたし。
とりあえず、犬共との戦いに勝って、大団円という結末は着いたものの、イマイチ盛り上がらない展開でした。
せっかく猫耳宇宙人や、スタイル抜群の幼馴染みが居るんだから、もっとラブコメ色を強めた演出にすれば良かったのに。
スポンサーサイト
[ 2010/09/29 23:26 ] アニメ あそびにいくヨ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/452-9aa37f45













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。