スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオカミさんと七人の仲間たち 12話(最終回) おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女 短縮感想

オオカミさんと七人の仲間たち 12話

最終回で新キャラ登場andそのキャラのメイン回というのはどうだろう……
というわけで、オオカミさんと七人の仲間たち 12話短縮感想です。

最終回で律ちゃん(違)登場。
亮士に好意を抱く相手を他に登場させて、おおかみさんのデレを引き出す狙いがあったのは分かるんだが、おおかみさんのデレ具合が足りなかった気が。
最終回なんだし、「嫌いじゃない」だけじゃなくて、ほっぺにチューぐらいはして欲しかった。
何か終わり方が中途半端過ぎるし、羊飼とかの伏線も放置しているので、2期がある気がしてならない。

今回の話は、1話完結の話としては結構出来の良い話だと思うんだけど、最終回に持ってくる話ではないよなぁ。
作品全体を通して高レベルの作画、豪華な声優陣と、ブレイクする要素はあったはずなのに、話の盛り上がりに欠けるばっかりに、微妙な作品になってしまった印象。勿体無い。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/436-af9ff4b6


(アニメ感想) オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」

オオカミさんと七人の仲間たち 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る ある日、火村マチ子さんは新聞配達のバイトの途中に、エリザベスとフランソワの散歩をしようとしている亮士くんを見つけました。 色々勘違いして運命を感じてしまったマチ子さんは翌日から亮士くんに猛烈ア
[2010/09/22 12:53] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。