スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオカミさんと七人の仲間たち 11話 おおかみさんと羊の毛皮を着た狼 短縮感想

オオカミさんと七人の仲間たち 11話

次回が最終回だというのに、羊飼との決着が着かないまま終わってしまったんですが……
実はもう2期が決定しているとか?それとも、投げっぱなし?
というわけで、オオカミさんと七人の仲間たち 11話短縮感想です。

前回、ピンチに陥った御伽銀行メンバーは予想通り簡単に危機を脱出。
何というか、シリアスにしたい所はもう少し危機感を煽っても良いと思うんだが。

水着の女の子に囲まれても、結局最後は乙姫を取るシーンで、浦島の好感度アップ。
もう、彼が主人公で良かったんじゃないか?
亮士はイマイチ魅力に欠けるというか……
視線恐怖症時と、男らしい時との口調が違い過ぎて二重人格に見えるし。

最終回は、エピローグ的な話になるんだろうか?
2期が内定しているのでなければ、羊飼いとの対決をもう少し長めにして、最終回を盛り上げた方が良かった気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/435-579f7c8f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。