スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男女共同参画基本計画に盛り込むべき施策に関するパブリックコメントに意見を送った。

「第3次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方」についてパブリックコメントを募集しているという事で、提案を送りました。

以下、送った提案全文です。

43ページ、(2)具体的な取組、まる3)に関して
性・暴力表現について、バーチャルな分野を含めて対策の在り方を検討するとありますが、そのような事をしても男女共同参画の主旨にそう成果が得られるとは思えません。
バーチャルな分野、つまり漫画やアニメ、文中にもあるパソコンゲーム等の表現物によって、児童ポルノ、児童買春の根絶が阻害される事は有り得ません。よって、規制する意味もありません。
むしろ、それらを規制する事によって、実在の児童に向く事なく解消されていた性衝動が蓄積され、本来であれば起こりえなかった事案が発生する可能性が高いと考えます。

45ページ、(1)施策の基本的方向に関して
パソコンゲーム等バーチャルな分野においても、国際的に重大な懸念が表明されるコンテンツの流通が現実問題となっているとあります。おそらくこれは「レイプレイ」の事を指していると思われますが、この作品に対して起こった批判はまったくの的外れと言わざるをえません。
「レイプレイ」は、日本国内の18歳以上を対象として販売されました。日本国内では、当然18歳未満購入禁止、国外販売も行っていませんでしたが、問題となった事案では、Amazonマーケットプレイスを通じた個人間で取引が行なわれました。このような背景があるにも関わらず、「このようなゲームが子供でも買えるのはおかしい」というような批判がされました。
国際的な批判と言いますが、このような問題のある批判に対しては、毅然とした態度で抗議するべきであり、その批判を元に対策を講じる必要はまったくありません。

45ページ、(2)具体的な取組、まる2)に関して
性・暴力表現が人々の心理・行動に与える影響についての調査方法を検討するとあります。
そのような調査を行なおうとする方針そのものには賛同します。ただ、くれぐれも結論ありきの偏向的な調査、選択肢の偏ったアンケート、心理学的な誘導を含むアンケート、個室での対面調査等を調査方法として採用されませんようお願いします。
調査を行うのであれば、アンケートの選択肢ひとつに至るまで完全に情報公開した厳正で誠実な調査を実施するべきです。

45ページ、(2)具体的な取組、まる3)に関して
インターネット上の児童ポルノ画像や盗撮画像等の流通防止という方針自体には賛同します。
ただ、ブロッキングという方法は採用するべきではありません。
ブロッキングという方法では、不必要な物まで遮断してしまうオーバーブロッキングの問題が発生します。
また、厳正な運用を行うのであれば、一つ一つのサイトを確認してアドレスリストを作成する必要がありますが、インターネット上には無数のサイトが存在する以上、現実的ではありません。
簡単に発見出来る軽度な問題を含むサイトばかりが規制され、本当に規制しなければならないサイトの方がアドレスリストに登録されないといった事態になると考えられます。
さらに、昨今のブロッキング運用に関する報道等を見る限り、児童ポルノに該当しない物であったにも関わらず、誤って規制されてしまった場合の補償、規制の解除手続き等、必要不可欠な項目に対して議論が不十分です。
このような状況で、場当たり的に実施し始めるべきではありません。

45ページ、(2)具体的な取組、まる4)に関して
自主規制等の取組の促進、流通、閲覧等に関する対策の在り方の検討とありますが、自主規制、流通、閲覧等に関する規制のいずれも現行の物で十分です。
現在でも、各業界団体による自主規制や、ゾーニングによる青少年の閲覧防止等、十分な施策が行なわれており、これ以上の規制強化は、コンテンツ産業の衰退をもたらす結果にしか成り得ません。

以上、第3次男女共同参画基本計画策定に当たっての提案です。
男女共同参画局の皆様が、これらの提案を十分ご検討の上、真に正しい選択をされる事を望みます。

長文打つの疲れましたorz
基本的な考え方の文章を読むだけでも、表現規制したいという欲望が透けて見える内容でしたので、これはぜひとも反対意見を送らないといけないと思います。
パブリックコメントを募集するだけ募集して、また公表されないという事になるかもれませんが、それならそれで、都条令の時のように、情報開示請求に応じない姿勢はおかしいという批判が出来るわけで、意味はあると思います。
スポンサーサイト
[ 2010/08/07 23:03 ] 表現規制関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/392-da4a13c4













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。