スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武南署 決闘容疑を適用した理由について「決闘に挑む少年をヒーローとして描くアニメなどが流行し、少年の暴力へのあこがれが強まっている」

元記事

また、警察お得意の「アニメ等の影響で子供が悪影響を受けている」というトンデモ理論が展開されています。
もう、阿呆かと。
「決闘に挑む少年をヒーローとして描くアニメなどが流行し、少年の暴力へのあこがれが強まっている」?
自分は少なくとも、一般の警察関係者よりは、最近のアニメ等に詳しいという自負がありますが、決闘に挑む少年をヒーローとして描くアニメと言われて、思い当たる作品が無いんですが……

最近流行になったアニメといえば、萌え系か、日常系が主な物で、決闘なんて要素が出て来る作品は殆ど無いと思います。
決闘とか、不良の抗争とかを描く作品なら、今より1980年代とか昔の方がよっぽど多かったと思うんですけど?

そもそも、よくマスゴミの報道で少年犯罪がどんどん増えているというようなデマが流されますが、現実は全然逆。
年々減少傾向、近年はずっと低水準で推移してますし、警察側の指摘はまったくの的外れとしか言いようがありません。

警察組織がこんな事も理解出来無い程、残念な人達ばかりで構成されているとも思いたくないので、アニメや漫画の規制を行う為の世論作りとして、わざとこのような見解を発表しているのではないかと疑いたくなります。
スポンサーサイト
[ 2010/07/15 22:06 ] 表現規制関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/367-bcc0d93e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。