スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

告知 「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」

弁護士の山口貴士さんが自身のホームページで「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」を募集されておりますので、勝手ながらご協力させて頂きたいと思い、告知させて頂きます。

「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案」とは何ぞや?という方は以下のリンクをどうぞ。
東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

もし、この法案が可決されてしまえば、18歳未満のキャラクターが登場し、少しでも性的な表現がある作品であれば、東京都の判定次第で「不健全図書」に認定され、規制されてしまう事になります。
勿論、東京都がまともな判断能力を持っていれば、そのような規制はしないでしょうし、都の職員も極端な規制は行わない旨の発言をしていました。
しかし、はっきり言って信用出来ません。年金記録の紛失やら何やら役人の不祥事ばかり起こっている昨今の情勢の中で、都の役人が正しい判断を下してくれるだろうという予想は只の甘い妄想でしかないと思います。

そもそも、青少年の健全な成長を守るというのが規制の理由ですが、この法案が成立したとして、その目的が達成されるとは到底思えません。
仮に、18歳未満のキャラクターが性行為を行っている描写を含む漫画があるとして、それを読む事によって実際の性犯罪に手を染めてしまうといった事が容易に起こり得るはずがありません。
もし、実際にそのような行為に走ってしまうような人が居たとしたら、それは元からそのような犯罪行為を犯す素養があった場合ぐらいでしょう。

それに、そういった漫画を自分の欲望の代償行為とする事で、気持ちを発散し、性犯罪を抑制するという効果も当然ある筈です。
というか、実際に規制を行っている国々と、日本を初めとした規制を行っていない国々の性犯罪件数を比較してみれば、抑制効果の方が遥かに期待出来る事が容易に分かると思います。

よって、もしこの法案が可決されてしまえば、青少年の健全な成長がより阻害される事になるでしょう。

自分の意見はこの位にして、署名の詳細についてです。

【請願の趣旨】

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案」(平成22年第1回定例会提出第三十号議案)に反対します。

(署名用紙のダウンロード)

(注意事項)
①氏名と住所(※郵便番号不要・都道府県から)を自筆で書いてください。
②都民の方でなくても結構です。未成年の方も歓迎します。
③鉛筆ではなく、ペンでお願いいたします。印鑑は不要です。
④18歳未満のお子様のいらっしゃる方は、「子供の有無」の欄に○をつけて下さい。子を持つ親もこの条例に反対していることを明らかにしたいと考えております。
⑤5人分全部埋まらなくても結構です。

(個人情報の管理)
○個人情報は厳重に管理し、議員、都議会への提出以外の目的には使用しません。

(署名活動の責任者)
東京都千代田区麹町4丁目2番地 第二麹町ビル2階 リンク総合法律事務所気付
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
代表者:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)

(署名の取りまとめ先(送付先))
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2番地 第二麹町ビル2階
リンク総合法律事務所
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」代表 弁護士 山口貴士
(封筒に「署名在中」と書いてください)

以上、山口弁護士のホームページから転載させて頂きました。

署名の第一次締切は6月4日だそうです。(第一次締切後も署名は集めるみたいです)
この悪法の成立を阻止したいという方は、ぜひ署名お願いします。

尚、当方は山口弁護士とは直接関係はありません。
あくまで、この署名の主旨に賛同したため、ご紹介させて頂きました。
本記事に何らかの問題があった場合、その責任はこのブログの管理者にあるのであり、山口弁護士には一切関係ありません。
スポンサーサイト
[ 2010/05/21 23:00 ] 表現規制関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/307-3870599f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。