スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?7」に参加させて頂きます。 そらのおとしもの、

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんの「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?7」に参加させて頂きます。

今日は、そらのおとしものを評価します。

そらのおとしもの

・ストーリー 3点
ストーリー展開としては、イカロスとニンフのエンジェロイドとしての苦悩の描写が所々にあるものの、基本的にエロ有り、笑い有りのギャグテイストで進行。最終回においても、ニンフが鎖の呪縛から開放されるという進展があったが、天上人は依然健在で、オチがついたとは言い難い。
公式ホームページに2期を匂わす記述があるので、2期用の伏線として残していおいたのかもしれない。

・キャラクター性 3点
声優陣は、キャラに合った配役になっていたと思う。
感情をあまり表に出さないイカロスの演技は結構良かった。
また、高垣彩陽さんが、会長のような声を出せるのは以外だった。ガンダム00のフェルト役ぐらいしか知らなかったので、新鮮だった。

・画 4点
全編に渡って高水準な作画が維持されていた。
特に、エロシーンの作画はかなり気合が入っており、キムタカが作画監督をしている回等は、特にその傾向が強い。

・演出 4点
演出という括りで良いのかわからないが、2話EDの空飛ぶパンツ等、他の作品では見たことも無いような展開がたびたびあった。

・音楽 4点
OP曲は作品の雰囲気に合っている。10話挿入歌の「Fallen down」は神曲認定しても良いと思う。

・総合的な評価 4点
1つのアニメ作品として十分完成されている出来。最終回においても、ストーリー的な決着がついておらず、天上人等の伏線が投げっぱなしになっているが、これは2期があるからと期待してみる。
作画レベルも十分高く、エロ有り、ギャグ有りのラブコメとして完成している。
原作は未読なので、原作再現がどの程度なされているのか分からないが、原作読者にも概ね好評ではないだろうか?
スポンサーサイト
[ 2010/01/20 22:00 ] アニメ そらのおとしもの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/tb.php/121-01f5f5f3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。