スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法少女まどか☆マギカ 11話 最後に残った道しるべ 12話 わたしの、最高の友達

魔法少女まどか☆マギカ 11話 12話

遂に放送されたまどかマギカ最終回!(11話もね)
バッドエンドに定評のあるらしい脚本家だっただけに、どうなることかと思ってましたけど、一応ハッピーエンドという事で良いのか……?
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 11話12話合わせて感想です。

魔法少女まどか☆マギカ まどかに集まる因果
まどかが魔法少女として途方も無い才能を秘めていた理由。それがほむほむの時間遡行によるものだとすれば、ほむほむがまどかを助けようとして同じ時間を繰り返せば繰り返すほど、どんどんまどかがQBに狙われやすくなっていくわけか…… ほむほむが報われねぇ……
そういえば、ほむほむが初めて魔法少女になった時間では、まどかがワルプルギスの夜にあっさり負けていたけど、あれも伏線だったのか。あの時点では、時間ループによる因果律の収束がなかったわけだ。

魔法少女まどか☆マギカ さやかのお通夜
あぁ…… 魔女になった事であんまり死んだという実感が湧いてなかったけど、こういう風な描写されると本当にさやかは死んでしまったんだなぁと今更ながらに感じてしまう。
マミさんみたいに結界内で死んでしまったら、家族が遺体と対面する事すら出来ないわけで、その点で言えばさやかの方がマシなのかもしれないけど……やりきれないよなぁ。

魔法少女まどか☆マギカ 家畜扱い
遂には人間を家畜扱いとか、QBの腹黒さは底なし沼だなっ!!
家畜を自分達の食料とする為に育てている人類が、インキュベーターに育てられる側になったとして、文句が言える立場では無いのかもしれないけど……頭で理解出来ても感情が拒否する。
それに、人間は家畜に対して僅かでも「自分達が生きる為に命を頂く」という気持ちがあるけど、インキュベーターにそれがあるとは思えない。エントロピーを凌駕する為なら、人間が死のうが生きようがどうでも良いと思っているんだろうな。

魔法少女まどか☆マギカ 保護者達
普段は、バリバリのキャリアウーマンで、まどかを明るく励ましてくれるママさんが落ち込んでる……
自分の娘が友達の死について何か知っている様子で、それでも何も相談してくれないんだから悩むのも当然か……
まどかがママさんに相談しないのは、決してママさんを頼りにしていないからでは無いんだけどなぁ。
あと、先生が言ってる3年の行方不明の子っていうのは、マミさんだろうな。

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの告白
遂にまどかに同じ時間を繰り返している事を明かすほむほむ。
「違う時間を生きている」この言葉に、ほむほむの気持ちが凝縮されているような気がする。
まどかを助けようとしてループすればするほど、二人の間の時間の齟齬は大きくなっていくわけで、どれだけ頑張っても二人が重なり合う事は無い……

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむ変身魔法少女まどか☆マギカ ほむほむ無双
ほむほむの変身シーンという唯一のサービスカットを挟んで、いよいよワルプルギスの夜との最終決戦……てか、ほむほむ武器揃えすぎだろ!!
それだけ大量の重火器を一体どこから調達してきたんだろう?
ほむほむのループ時に、盾に収納された武器も一緒に持っていけるとしても相当な量だろ。
米軍の基地でも漁りに行ったか?
ただ、これだけの武器を時間停止能力を駆使して雨あられのように撃ちまくってるというのに、ワルプルギスの夜は殆どダメージを受けた様子が無い……どんだけ強いんだよ!!

魔法少女まどか☆マギカ まどかママ
ママさん、あんた漢だよ!!(女性だけども)
本当に男らしい(褒め言葉)、良い親だと思うわ。このシーンの為にゴトゥーザ様を配役したんじゃないかと思う。
一人で突っ走れば周りの人がどれだけ心配するか、そういう事も全部伝えたた上で、まどかの想いを汲んで送り出す……
並大抵の家族で出来る事じゃないと思う。母と娘の間に強固な絆があればこそだよ。

魔法少女まどか☆マギカ 11話 エンドカード
11話のエンドカード。やっぱりブリキ絵は良いすなぁ。可愛いとエロいが高レベルで融合している。
本編でもこのイラストみたいに皆が笑いあえたら良かったのにな……

魔法少女まどか☆マギカ マミさん魔法少女まどか☆マギカ 杏子
最終話でこの二人に出番があるとは思わなかった。(エピローグとかは別として)
ここは、精神世界なんだろうか?魔法少女は、ソウルジェムが破壊されたり、魔女になったりして人間として死を迎えても、魂だけは精神世界で生き続ける……それぐらいの役得はあっても良いと思うんだ。
現実世界では敵対していた(と思われる)マミさんと杏子が仲良くしている姿も良いもんだ。

魔法少女まどか☆マギカ まどか変身
まどかマジ女神。
全ての魔法少女の希望を絶望にさせない為に、自分を犠牲にするとか本気で女神と呼ぶしかないだろ。
初めは、自分に自信がなくてオロオロするばかりだったのに、随分成長したもんだよなぁ……

魔法少女まどか☆マギカ 悪意の塊魔法少女まどか☆マギカ 天元突破まどか
地球を覆おうとしていた黒い塊が、まどかが受け止めた絶望の集合体であるなら、まどか自身が魔女化する事になるはずだけど、それすらも打ち砕く!
もうまどかは、時間とか因果律とかを超越した存在になったんだろうな。
流石神にもなれる素質を持った少女。本当に神になっちゃったよ。

魔法少女まどか☆マギカ 報われたほむほむの想い魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女は夢と希望を叶える
ほむほむの想いが報われて良かった……
まどかが全ての平行世界での出来事を理解出来る存在になった事で、まどかを助ける為に何度もループしてきたほむほむの頑張りを知る事が出来た。
「だって、魔法少女は夢と希望を叶えるんだから……」本当にそうだよな。夢と希望溢れる世界こそ、本来の魔法少女の世界の筈なんだよ。まどかによって魔女が生まれなくなった世界が、夢と希望に溢れた世界になることを祈らずにはいられない。

魔法少女まどか☆マギカ さやか
さやか自身は納得してるみたいだけど、これじゃあさやかが可哀想過ぎませんか?
魔女に殺されたわけじゃないから、まどかが世界の法則を変えても生き返らないし、上条は仁美に取られるし。
さやかも加えた皆での大団円という道は無かったんだろうか……

魔法少女まどか☆マギカ リーディングシュタイナー
タツヤがリーディングシュタイナーを発動してる!
ほむほむは時を司る魔法少女だから、まどかの事を覚えているんだろうけど、タツヤやママさんの中にもちゃんとまどかの記憶は残ってるんだな。家族なんだから、たとえ存在が消えてしまっても完全に忘れてしまうなんてことは無いんだよ!

魔法少女まどか☆マギカ 新たな力を得たほむほむ
ほむほむの武器がまどかの弓になってるし、背中から生える翼もまどかが生やしていたものと似ている。
これは、世界の概念となったまどかが、ほむほむに力を貸しているんだろうな。
そして、ほむほむはまどかが救った世界をこれからもずっと守っていく。

魔法少女まどか☆マギカ メッセージ
忘れないで。
いつもどこかで誰かがあなたの為に戦っていることを。
あなたが彼女の事を忘れなければ
あなたは一人じゃない。
スポンサーサイト

魔法少女まどか☆マギカ 10話 もう誰にも頼らない

魔法少女まどか☆マギカ 10話魔法少女まどか☆マギカ 10話

「きゅうべえに騙される前の馬鹿な私を……助けてあげてくれないかなぁ……」
「約束するわ、絶対にあなたを救って見せる!何度繰り返す事になっても、必ずあなたを守って見せる!」
ループ物として王道の展開だけど、これは泣ける!
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 10話感想です。

魔法少女まどか☆マギカ 初期ほむほむ
最初に見た時は、あんた誰?って感じでしたわ。
いきなりパラレルワールドの話にでも飛んだかと……
最初は、こんな純朴図書委員みたいな女の子だったほむほむが、今やあんなに達観してしまって……
通ってきた修羅場の数が推察されるわ。

魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女まどか&マミさん
何かまどかの性格が明るくなってる気がするなぁと思っていたら、もう魔法少女になってたからだったのね。
この世界線のまどかは、自分には何も出来ないって悲観しなくなったから自信がついてるんだな。
あと、また動いてるマミさんが見られるとは思わなかったぜ。

魔法少女まどか☆マギカ どうしてすぐ死んでしまうん?
マミさん、どうしてすぐ死んでしまうん?
あれか、マミさんはシュタゲでいうとまゆしぃのポジションか。
世界がマミさんが死ぬように収束するという……どこだ!運命石の扉は何処にある?

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの願い
ほむほむが魔法少女になった願いは、まどかとの出会いをやり直す事。
つまり、まどかとの出会いの瞬間まで戻れるという事みたい。人間タイムリープマシンか、武ちゃんに対する純夏みたいな感じか。
まどかに守られる自分じゃなく、まどかを守れる自分になりたい……その願いはもう十分に叶えられている気がする。
相変わらず、きゅうべえがまどかを陥れようとしているけど、まどかを守るという役目は十分に果たしていると思う。

魔法少女まどか☆マギカ 自作爆弾
爆弾を自作する魔法少女とか前代未聞だな。
ほむほむが時間停止能力以外、魔法少女としては最弱というのはこういう事だったのか。
てっきり、爆弾も魔法で取り出してるのかと思ったけど、自作したりヤクザや自衛隊から調達してたのか。

魔法少女まどか☆マギカ スカートの中からドーン!
スカートの中に投げ込んだ爆弾が爆発してドーン!ってシュールな絵だな……
普通の人に魔女が見えないだけで、一応現代兵器でも対応は可能なのか。
あと、このスカート履いた下半身だけの魔女も、元は魔法少女だったんだろうけど、一体生前はどんな娘だったのか?
気になる。

魔法少女まどか☆マギカ 信じれないさやか魔法少女まどか☆マギカ オクタヴィア
さやかや杏子の姿がまた見られたのは嬉しいんだが、さやかの魔女化は決定事項なのかよ!
さやかの使い魔の中に、緑の娘っぽい姿もあったし、この時の魔女化も恋愛絡みなんだろうなぁ。
上条とさやかがくっついてしまえば、さやかが魔女化しない→皆で強力してワルプルギスの夜撃破→ハッピーエンドになりそうなんだが。

魔法少女まどか☆マギカ マミさん発狂
マミさんが発狂してしまわれた……
まぁ、マミさんにとっては、魔法少女=皆を助ける正義の味方だったわけで、自分達が原因で魔女が産まれるという状況に耐えれなかったんだろうな。まどかやさやかを魔法少女に誘ってしまった責任も感じているんだろうし。

魔法少女まどか☆マギカ ワルプルギスの夜
まどかとほむほむが魔女化するギリギリまで魔力を使っても勝てないとか、ワルプルギスの夜ってどんだけ強いんだよ。
ただ、本編一つ前のループでは、魔法少女になったまどかが、一撃でワルプルギスの夜を撃破したし、魔法少女の強さは、契約の時の願いに大きく影響を受けるんだろうな。
ふと思ったんだけど、誰かがワルプルギスの夜を消滅させるという願いで契約したらどうなるんだろう?

魔法少女まどか☆マギカ そして始まりへ続く
ワルプルギスの夜を撃破したまどかが最強の魔女へと変わってしまった世界、そこから時間を逆行してもう一度やり直すほむほむ。そして、物語の始まりへ繋がると……
本当に良く考えられたシナリオだと思うわ。ほむほむの決意を視覚的に表す為に、眼鏡を外して髪型を変えたり、演出も際立ってる。

クライマックス直前で、ほむほむがまどかに拘る理由を明らかにしてきたという事は、これから先に、ほむほむがまどかを庇うような描写があるんじゃないかと予想。
まどかもほむほむも生き残って、二人だけでも幸せになって欲しい。
そして誰も居なくなった的なエンディングにもなりかねない作品なだけに、そう思わずにはいられない。

魔法少女まどか☆マギカ 9話 そんなの、あたしが許さない

魔法少女まどか☆マギカ 9話

あぁぁぁぁっ!杏子まで死んだぁぁぁっ!!
……よく考えたら、魔法少女になった時点で人間としては死んでるから
あぁぁぁぁっ!杏子まで消滅したぁぁぁっ!!
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 9話感想です。

魔法少女まどか☆マギカ 時間停止
ほむほむの時間停止魔法は、接触している対象は効果範囲から外れるのか。
以前、ほむほむが杏子に拘束された時に時間を停止しなかったわけが分かった。
マミさんの時も、ほむほむ自体が魔法で拘束されている状況では、時間停止してもしょうがないしね。

魔法少女まどか☆マギカ 輪廻の末の諦観
魔法少女が魔女になる状況に遭遇しても、ほむほむが全然取り乱していないように見えるのは、ループの影響なんだろうなぁと思う。
今まで通ってきた長い長い時間の中で、魔女に成り果てる魔法少女を何度も見てきたんだろう……
だからもう諦めてしまったんだろうな。
今回が最初であるなら、ほむほむもきっと杏子と同じような反応になったはず。

魔法少女まどか☆マギカ 生きてたのね
このシーンの「生きてたの?」というセリフが、どうしても「生きてたの?(さやかちゃんが死んじゃったのに、どうしてお前みたいな糞野郎が生きてるの?早く死んでよ、ねぇ……早く死んでよぉぉぉぉぉぉっ!!)」って内心思ってるように見えるんですが。
希望的観測過ぎますかね?
とりあえず、まどかもQBが糞野郎だという事は完全に認識してますし、もう営業による契約はありえないでしょうな。後は、ほむほむや家族のピンチとかぐらいか。

魔法少女まどか☆マギカ エントロピー
まさか魔法少女物でエントロピーがどうとか聞くとは思わなかったぜ……
エントロピーが増大するというのは間違ってないですけど、別にエネルギーの形態を変えていく度に総量が目減りしていくわけではないなぁと思ったり。
たしかに、火をおこして、水を沸かし、水蒸気でタービンを回し発電という風にしていけば、得られる電気エネルギーは、最初の火の熱エネルギーより少なくなりますけど、代わりに光や音として放出されているだけですし。
まぁ、魔法が登場する作品の設定に科学的な正確性を求めてもしょうがないですが。
魔法少女から魔女に変化する時に膨大なエネルギーを放出し、それを回収するのがインキュベーターの役割という事は、つまり魔法少女がウラン、魔女がプルトニウム、インキュベーターが原子力発電所を管理する人といった感じですかね。
原子力発電では、原理的にはプルトニウムからでもエネルギーを取り出せますけど、魔女はそのへんどうなんだろう?

Q.さやかのソウルジェムを取り戻す方法は?
魔法少女まどか☆マギカ 前例はない魔法少女まどか☆マギカ そんなの不可能に決まってるじゃないか
     「前例は無いね」                 →        「そんなの無理に決まってるじゃないか」
騙したなぁぁぁぁっ!!
この言い方で本人には、騙す意思が無いというのだから恐れ入る。
たしかに明確な嘘は言ってないけど……明らかに勘違いするように仕向けてるだろうがぁぁぁっ!!
本当にきゅうべえに感情が無くて、意図せずこういう話し方になってるんだとすれば、恐るべき詐欺師の才能だよ!


魔法少女まどか☆マギカ デレ杏子
本当に杏子は良い子になったなぁ……というか、元々良い子だったけど、過去の傷のせいでひねくれてただけか。
せっかく杏子が元々の性格に戻って、まどか達とも笑って話せるようになったというのに……死亡フラグがビンビン過ぎてもう嫌になるねorz

魔法少女まどか☆マギカ うまい棒
うまい棒を介して握手する二人。
こうして手を取り合うのが、さやかと杏子であればなぁ……
さやかが完全に壊れてしまう前に、拘りを捨てて杏子と手を取り合ってさえいればと思わずにはいられない。
この辺は、ぜひ同人でifを見てみたい所。魔法少女達が報われる世界線があったって良いじゃないか!

魔法少女まどか☆マギカ 二人の絆
さやかは上条への想いを捨てて、杏子と結ばれれば良かったんじゃないか?と思ってみたり。
個人的にも百合の方が嬉しかったりするんですが……
元は、殺し合う仲だった相手をここまで想ってくれる子なんて普通居ないぜ?

魔法少女まどか☆マギカ 最後の力魔法少女まどか☆マギカ メガンテ
最後の力を使って、さやかと一緒に死ぬ事を選んだ杏子。
人を助ける為に力を使いたいと言っていたさやかに、これ以上人を呪う力を使わせたくなかったんだろうな……
杏子のソウルジェムも少し黒く濁っている描写があったし、魔力の残量も残り少なかったんだろう。
杏子のソウルジェムは完全に砕けてしまったけど、さやかのグリーフシードは一緒に砕けたんだろうか?
さやかには生きていて欲しいが、そうなったら杏子が報われないしなぁ……

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの決意
これで残る魔法少女は、ほむほむだけ。
ワルプルギスの夜に対抗するには他に魔法少女が必要……
きゅうべえ、お前はどこまで汚いんだ!そうまでして、まどかのエネルギーが欲しいのか!
大体、強力無比な魔法少女になるであろうまどかが、魔女に墜ちたら、誰も敵わないような強力な魔女になって、世界中の魔法少女を全員倒してしまうような気がするんだが……
そもそも、その強力な魔女こそがワルプルギスの夜だったりしないよね?

魔法少女まどか☆マギカ 8話 あたしって、ほんとバカ

魔法少女まどか☆マギカ 8話

あぁぁぁぁっorz
さやかが魔女になってしまった…… どうしてこうなった?
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 8話感想です。

魔法少女まどか☆マギカ グリーフシード
あぁもう何でグリーフシードをあげちゃうかなぁ。
そのグリーフシードを使って穢れを取り除いていれば、まだ何とかなったのに。
借りを作りたくないとか、そんな事言ってる場合じゃないのに。

魔法少女まどか☆マギカ さやかダークサイド
あぁ、さやかがどんどん暗黒面に落ちていく……
元々悲観的に考えてしまう傾向はあったけど、ここまでじゃなかったし、穢れが溜まると精神にも影響がでるのかも。
あのきゅうべえの契約だし、それくらいの仕掛けがあっても驚かない。

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの家
ほむほむの家は一体何処の不思議空間に繋がってるんだ?
家というより、精神と時の部屋の方が近いような……
ワルプルギスの夜の出現予測を統計出来るという事は、これはもうループ確定だな。同じ時間軸を繰り返しているのか、平行世界を渡り歩いているのかは不明だけど。

魔法少女まどか☆マギカ 絶望魔法少女まどか☆マギカ さやかは見た!
うわぁ……最悪なタイミングでさやかが見てる。
これで実は、さやかの事をお願いしますって言ってただけの友達思いな行動だったら、どっちも報われなさ過ぎる。
あと、上条君がさやかに素っ気無さ過ぎるのも問題だよなぁ。腕が治った理由は分かってなくても、あれだけ何度も見舞いに来てくれた幼馴染みに対して、退院してから全然会ってないというのはちょっと……
鬱々真っ盛りな状況でも、上条君と話せば少しは気もまぎれるだろうに。

魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの本音
ほむほむの本音キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
さやかの事は本当はどうでもよくて、ただまどかたの為に動いていたと明かすほむほむ。
これまでも、まどかに固執しているようだったから、そんな気はしてたけど。やっぱりか。
今度は、逆に何故ほむほむがそこまでまどかに固執するのかという所が気になるな。
シュタゲでいうまゆしぃや紅莉栖みたいな感じなのかもしれないけど、ほむほむもまどかもどっちも女だしなぁ。
まさか、百合っ!?

魔法少女まどか☆マギカ 糞野郎魔法少女まどか☆マギカ 真っ黒さやか
うわぁ、何だこの糞野郎共。
ほんのちょっとのシーンなのに、キャスティングが飛田さんと、三木さんとか制作側も気合入ってるし。
一体どこまでさやかを真っ黒にすれば気が済むんだよぉ!モノトーンの色彩や、目のアップとか、完全にホラー物の演出だと思うんですけど、この作品って魔法少女物のはずでしたよね?

魔法少女まどか☆マギカ 詐欺獣
さやかがどんどん追い詰められていってるというのに、この詐欺獣は通常通りまどかの勧誘か。
きゅうべえが言うと胡散臭いけど、まどかの魔力が途方も無くて、物理法則をねじ曲げたり、万能の神にすらなれるのであれば、それが唯一の希望になるような気がする。
そうでもなければ、この作品がハッピーエンドで終わる可能性ってゼロだろ……

魔法少女まどか☆マギカ m9(^Д^)9mザマァ魔法少女まどか☆マギカ ほむほむの涙
魔法少女まどか☆マギカ 完全に悪魔魔法少女まどか☆マギカ 死体喰い
きゅうべえが撃ち殺された時にm9(^Д^)9mザマァと思った人手を挙げて!ノノノノノノノノノノノノノノノ
暗闇で目が赤く光ったり、自分の死体を喰ったりと、もう確実に悪魔だろコイツ。
ほむらによって、きゅうべえの本当の名前がインキュベーターだと明かされたけど、インキュベーターってあれ?
学校で乳酸菌を生やす時に一定の温度に保つ機械として使ったけど……
まぁ、この場合は孵卵器という意味が適切なのかも。
孵化寸前のグリーフシードを体内に取り込んでたし、後で強力な魔女が孵化してきたりするんじゃないか?

魔法少女まどか☆マギカ さやか魔女化魔法少女まどか☆マギカ 叫ぶ杏子
遂に魔女化してしまったさやか。ある意味死ぬより辛いよなぁこれは……
魔法少女になったまどかによって、元の姿に戻るという展開を期待せずにはいられない。
魔女として他の魔法少女に討たれるという展開だけは勘弁して下さい……
杏子も今では、さやかの一番の理解者みたいになってるな。登場した頃は、それこそ憎むべき敵みたいな感じだったのに。
予告を見る限り、杏子は魔女になってしまってもさやかを助ける為に奮闘してくれうようだけど、死亡フラグに見えて仕方ない……
これで、杏子がさやかを助けて……という展開が一番望む所だけど、この作品でその展開は無いよねぇ……

やがて魔女になる存在だから、魔法少女って、それ何か別の存在だろ!
魔法少女って、もっと夢や希望が詰まった暖かい物じゃなかったでしたっけ?

魔法少女まどか☆マギカ 7話 本当の気持ちと向き合えますか?

魔法少女まどか☆マギカ 7話

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!さやかがダークサイドに堕ちたぁぁぁぁぁっ!!
痛みを感じなくなるかどうかを試す為にわざと攻撃を喰らうとか、もう完全に振り切っちゃってるよ!駄目な方向に!
というわけで、魔法少女まどか☆マギカ 7話感想です。

魔法少女まどか☆マギカ QBてめえっ!
きゅうべえてめえっ!さやかになんて事しやがる!おかげで薄い本のネタになりそうじゃないか!(オイ)
どんなに強力な力を備えた魔法少女でも、ソウルジェムを押さえられたら終わりとか、結局はきゅうべえの手の中って事じゃないか!
ソウルジェム自体、きゅうべえが魔法少女の魂を取り出して形にした物だし、遠距離操作や、介入が出来ても不思議じゃないし、お先真っ暗だな!

魔法少女まどか☆マギカ きっともう人間じゃないから
「きっと、もう人間じゃないから……かもね」
おそらくほむほむは、これまでも同じような展開を何度も体験してきていて、自分達魔法少女が人間とは違う物であるという事が骨身に染みているんだろうなぁ……
何かもう生きるのを諦めた世捨て人みたいな感じだよ。

魔法少女まどか☆マギカ 在りし日の思い出
杏子にこんな過去があったなんて……
今までは、好戦的な性格のDQN娘だと思ってたけど、全然そんな事なかったぜ!
優し過ぎるが故に、世界に絶望して諦めていただけ。それでも、さやかの状況を見かねて元気付けに来てくれたわけだし、本当に良い娘だよ。

魔法少女まどか☆マギカ 相容れない主張
どちらの主張も間違ってないと思う。けどそれ故に相容れない……
さやかのこれからを思えば、肩の力を抜いて、杏子と共に進む道を選んでくれればと思うけど。
だって、落ち込む出来事があって、周りの人間が手を差し伸べてくれたのに、それを断るって、それどう見ても死亡フラグ……

魔法少女まどか☆マギカ 緑の告白
「ずっと前から私、上条恭介君の事お慕いしてましたの」
アァァァーッ!もうどこまでさやかを追い詰めれば気が済むんだよぉっ!
さやかが中々上条君にアタックしないから、見かねて芝居をしたという可能性が考えられるけども、もしそうだとしてもタイミングが悪い。こんな鬱々真っ盛りな状況でやられても余計悪い方向に考えてしまうだけだって。

魔法少女まどか☆マギカ 涙
さやかの境遇が酷過ぎる……
好きな人の腕を治す為にやった事が原因で身を引かなければならないなんて、報われなさ過ぎる。
上条君が某上条さんだったら、「お前が魔法少女だろうと何だろうと関係ねぇ!」って言ってくれそうだけど、こっちの上条君にそれを期待するのは酷だしなぁ。
きゅうべえにとっては、わけがわからないんだろうけど、一応契約前に情報は全部伝えようぜ。詐欺師も真っ青だぜ。

ここからさやかが救われる道はあるんだろうか……
ある意味、死んじゃうより酷い展開だよね。
最後は皆復活してハッピーエンドなんて展開になったら……良いなぁ。
他の作品なら、それ何てご都合主義?って感じだけど、この作品ならそれでも良いわ。
このままどんどん人が死んでいって、そして誰も居なくなったという展開だけは勘弁。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。